インプラントのしくみ
インプラントのしくみメリットデメリット術前検査

インプラントのしくみ


インプラントとは、あごの骨に人工の歯根で土台をつくり、上から人工の歯を被せる方法です。
しっかり土台を埋め込むということで、これまでの入れ歯やブリッジと比べるとかなり安定した歯が手に入ります。
歯には歯根があり、これが顎の骨にしっかり根付いていることで、歯として機能します。

しかし、虫歯が歯の根の部分まで進行すると、歯根も弱くなってしまうため、抜糸するしか方法がなくなってしまいます。
抜歯した後にそのまま放置すると、周辺の歯の形状に影響が出てくるため、何らかの形で歯を補わなければなりません。
このような場合、インプラントが有効です。

インプラントは、人工歯根、人工歯、これらを繋げる金属から成り立っています。
先ほども述べたとおり、安定した歯で、元々自分の歯であったかのような仕上がりが得られます。
インプラントの材料には、チタン製の金属が用いられています。

チタンは、人間の身体と馴染みやすく、顎の骨とも相性が良いため、スムーズに結合できます。
頑丈でありながら、安全性も高く、身体に害を及ぼす心配はありません。
インプラントは、人工歯根を埋め込む方法であるため、入れ歯みたいに外れる心配はありません。

また、ブリッジを入れる時のように、周囲の健康な歯を削ることもありません。
インプラントは、ダメになってしまった歯の部分のみの人工歯根を埋め込んで治療をすすめていきます。
インプラントはしっかり固定するため、入れ歯のように自由に取り外すことはできないのですが、もともと自分の歯であったかのような噛み心地が実現できるとのことで、人気の高い治療法となっています。
ただし、インプラント治療は健康保険の適用外であるため、費用は全額自己負担となります。
1本の歯を治療するために数十万円ほどかかってしまいますので、手軽に行える治療法とは言い難いのですが、治療後の安定感や耐久性を考慮すれば、費用に見合った効果が得られるとのことで、インプラント治療を選択する方はたくさんいます。
こちらのインプラント対象外の人についての記事も参考にご覧ください。